• 座っていても、膝に違和感がある・・
  • 歩いているだけなのに、
    引っかかるような痛みがある・・・
  • 体重をかけるたびに、ズキっと痛む
  • 車でアクセルを踏む軽い負担なだけなのに、
    なぜか膝に鈍い痛みがある
  • 階段の下りや歩き出しのときに痛い
  • 正座がしづらい
  • 膝に水がたまって晴れる
  • 膝の内側を押すと痛みがある
  • 膝がグラつき引っかかるように痛む
  • 冷やしても温めても痛みが改善しない
  • ジャンプや着地を繰り返していると痛む

成長痛

いわゆる骨端証(こったんしょう)とも呼ばれ、成長期に成長軟骨の部分に痛みを生じる障害です。(病気ではありません)

変形性膝関節症

関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。外傷や化膿性関節炎などの感染の後遺症としても発症することがあります。

半月(板)損傷

スポーツの怪我や、加齢により微妙な外力でも損傷することがあります。ひどい場合は膝に水が溜まったり、急に動かなくなったりもします。

膝靭帯損傷

スポーツ外傷や交通事故などで大きな力が膝に加わった時に、その外力の方向に応じて種々の靭帯損傷を生じます。膝が腫れたり不安定になったりします。

膝離断性骨軟骨炎

関節軟骨の表面に亀裂や変性が生じ、スポーツや日常生活に支障をきたします。骨軟骨片が遊離すると引っかかり感やズレ感がでます。性別では約2:1で男性に多く10歳代が好発年齢です。

オスグッド病

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛みます。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。

スポーツによる膝の慢性障害

ランニングやジャンプを長時間繰り返しおこなうことによって膝に痛みが生じてきます。痛みの程度により重症度が異なります。ジャンパー膝、鷲足炎、腸脛靭帯炎など。

膝蓋骨脱臼

生まれつきの素因を持っていることが多く、ジャンプの着地などで、膝を伸ばす太ももの筋肉(大腿四頭筋)が強く収縮したときに起こります。痛みや腫れが生じます。

腓骨神経麻痺

下腿の外側から足背ならびに第5趾を除いた足趾背側にかけて感覚が障害され、しびれたり触った感じが鈍くなります。足首(足関節)と足指(趾)が背屈で出来なくなり、下垂足(drop foot)になります。

O脚・X脚

初期症状は外見上の異常のみですが、変形が高度になると痛みや機能障害を呈するようになります。
幼少期に認めることがほとんどですが、青年期発症のO脚・X脚も存在します。

膝関節捻挫

関節に力が加わり、通常の範囲を越えて骨同士が動いた場合に起こるケガのうち、骨折や脱臼をしていないものです。ケガをした関節の腫れ、痛みが見られます。

関節リウマチ

膝のほか、指、手首、ひじなど、全身の多くの関節がこわばり、動かしにくいといった症状がみられる。

はじめに、膝痛は改善できます。改善には「太ももの筋肉を鍛える」ということをよく耳にしますが、それだけでは改善できません。方法はそれだけではありません。なにが原因か、どこが原因か、によって当然取り組み方は変わってきます。筋力トレーニングも、単に太ももを鍛えるだけでなく、足やお尻、体幹の筋力も鍛える必要があります。当院では、手技療法、姿勢矯正、インソール(足底挿板)による重心の調整、最新型治療器、鍼灸などを複合的に取り入れ、症状の改善に努めます。また、変形が強く痛みがひどい場合は手術も有効な選択肢の1つとして整形外科受診も提案します。手術には年齢や体力も影響するので、お話を聞きながら最善の方法を提案させて頂きます。
なにより手技に時間をかけて
丁寧に施術させていただきます。
檜作 徹 (ひづくり とおる)
檜作徹
保有資格
柔道整復師
鍼灸師
あんまマッサージ指圧師
介護支援専門師
出身
京田辺市(京都)
趣味
ゴルフ、サーフィン、ピアノ
得意な施術
関節疾患・腰痛
患者様に一言
地域で一番必要とされる院を目指し、患者様に喜んでいただけるよう日々精進致します。
-
-
保有資格
-
出身
-
趣味
-
得意な施術
-
患者様に一言
-

〒614-8365 京都府八幡市男山金振1-28